視力回復で見えない世界を、クッキリ見える世界へ

REGROW

様々な方法

治療の適応をチェックしましょう

女性

現在では様々な方法で視力回復を目指せるようになりました。一般の眼科でもレーシックを始めとする手術が可能になっており、裸眼視力をアップさせる方法が試せるようになっているのです。このように選択肢が増えると、問題になってくるのが、治療の適応です。特にレーシックの場合には、年齢や眼の状態によっては避けた方が良い場合もあります。 視力回復法について相談した場合、実の所医療機関によって勧められる治療は様々と言えます。従って、十分な検査の上アドバイスが得られるクリニックを選ぶことが安全に治療を受けるためには必要となるのです。人気の高い視力回復法であるレーシックの場合にも、角膜の状態や全身状態をを十分に調べた上で行なうことが必要となります。

角膜の状態が重要となります

適した視力回復法を探す上では、角膜の状態が重要となります。角膜は眼の表面を覆っている部分で、複数の層から成り立っています。レーシックを始めとする視力回復法では、この部分に傷をつけて内部を治療していく訳です。そのため、この角膜部分が通常よりも薄い場合や何らかの異常が見られる場合には、広範囲にメスを入れるレーシックなどは避けた方が良いということになります。 また角膜は、コンタクトレンズの継続使用によってもダメージを受けていることがあります。事実、レーシックの前には一定期間コンタクトレンズの使用を避ける方法がとられているのです。従って、視力回復法を考える際には角膜の状態をしっかりと検査しておくことが重要となります。