視力回復で見えない世界を、クッキリ見える世界へ

REGROW

視力回復にレーシック

第3の視力回復手段

読書

日本人はメガネをかけている人が多くいます。 また、メガネはかけていませんが、コンタクトレンズを使用している方も 多くいますので、目が悪い方はとても多くの割合となっています。 視力が悪い場合は、メガネやコンタクトレンズで視力を 矯正することが一般的ですが、自分自身の視力回復を させる場合もあります。 視力回復にはブルーベリーなどのサプリメントも 一部、効果があると話がありますが、自分自身の視力回復を させるには、レーシック手術の方法があります。 レーシック手術は、メガネ・コンタクトレンズに続いて、 第3の視力回復手段とも言われています。 手術方法は、医療用のレーザーを目の角膜に当てて、 治療をする外科の手術になります。

安心な手術

レーシックの手術を行う場合は、点眼(目薬)の麻酔を行った後に、 フラップの作成、目にレーザーの照射をして、最後にフラップを固定する 流れになります。 目に手術をするという事で、本当に安全か心配の方も多いと思いますが、 レーシック手術による失明は例がありませんので、安全性も問題ないと思います。 視力回復させるためには、メガネやコンタクトレンズでも可能ですが、 メガネをかけて邪魔であったり、コンタクトレンズのお手入れなどが 面倒という方は、自分自身の目の視力回復をさせる方法が、 選択としてあります。 費用については10万円程度から100万円程度までと、 病院によって金額の差があります。 また、手術数の実績も病院によって違いますので、 各病院のデータと費用を比較して、信頼できる病院を選ぶと良いでしょう。