視力回復で見えない世界を、クッキリ見える世界へ

REGROW

落ちてしまった視力

眼鏡いらずの生活に

smarteyes

人間が普段生活している中で視力に頼っている部分は想像以上に大きな割合を占めています。 その為、落ちてしまった視力回復を望む人は少なくありません。 眼鏡やコンタクトレンズは簡単な視力矯正方法ですが、視力回復して裸眼で生活するのとは大きな違いがあります。 視力回復する方法としてもっと一般的なのはレーシックと呼ばれる方法です。 眼の角膜にレーザーを当てることによって屈折率を調節し、視力回復をする方法で日本でも多くの人がこの手術を受けています。 最近ではレーシック以外での視力回復方法を行うことも増えています。 特殊なコンタクトレンズを使用することで視力を矯正するオルソケラトロジーや、眼筋を鍛える視力回復トレーニングなど、眼鏡やコンタクトレンズに頼らずに済む視力回復を行うことはより一般的になりつつあります。

視力回復をする方法

眼鏡やコンタクトレンズに頼らない生活をするにはレーシックが一般的ですが、実はそれ以外の選択肢もあるということを覚えておかなければなりません。 誰にでもすぐに行えるのが視力回復トレーニングです。 眼筋を鍛えることで効果が得られる方法であり、ある程度の回復が見込めるとされています。 自宅でも簡単に行えるのが大きな特徴です。 オルソケラトロジーは特殊な矯正用のコンタクトレンズを使用する方法です。 毎晩コンタクトレンズを装着する必要がありますが、これは手術不要なのでレーシックのような手術を避けたいという人でも安心して行うことが出来ます。 より確実で短時間で視力回復したい場合にはレーザーで角膜を手術するレーシックがあります。 視力回復をしたいという場合には、自分に合った方法を選ぶことが大切です。